葛の花がダイエットサプリに!?成分の効果、口コミや最安値は?

古くから日本でも食品や生薬として用いられている葛(クズ)の花がダイエットサプリになっている!どんな成分が効果を発揮するの?葛の花を使ったダイエットサプリで最安値は?口コミはどう?気になる情報を調べてみました。

葛切りでダイエットはできる?アレルギーが多い人、どう痩せる?

ダイエットをしたい、痩せたいと願う人の中には、五体満足というか、
健康上の問題を抱えている人も多いと思います。

 

体に障害を抱えていて運動できないという人もいると思いますし、
アレルギーがいろいろあってダイエットに良さそうな食材を
使うことができないという人も多いようです。

 

そんな人のうちの一人だと思います。
ネット上にこんな書き込みをしていました。
あなたも同じようなことを思っているかもしれません。

 

『葛切りでダイエットはできるでしょうか?』

 

葛切り」とは?

 

葛(くず)という植物の根を砕いてしぼり、
出てきた汁を精製した粉を葛粉というのですが、それを今度は水に
溶かして型に入れて加熱して固めたものを麺状に細長く切ったものです。

 

葛粉は体を温めて血行を良くするということから、
風邪をひいたときなどの民間治療薬として古くから用いられてきました。

 

書き込みをした人は、そのことを知っていたのでしょう。

 

でも、残念ながら、葛切りの材料である葛粉の主成分はでんぷんです。
でんぷん=糖質ですから、ダイエットにいいとはなりませんね。
イモや米(ご飯)と何ら変わりないのです。

 

同じ葛でも、根っこではなく花にはダイエットに有効な成分が
入っているという話です。

 

どんな成分?

それはこのブログの別の記事にも書きましたので
そちらを参考にしてみてください。

このダイエット本はおすすめできない!その理由は?

アレン・カーの「ダイエット・セラピー」という
全部読んでみました。

 

感想は・・・、はっきり言って、違和感、ストレスの連続でしたね。
正直、おすすめできないです。

 

「大好物を好きなだけ食べて理想の体重を。」なんていうので、
どんなダイエット方法だろう?と思って読みましたが、
結局は食べるものの種類と量に制限のある、ありきたりなダイエット方法でした。

 

「朝食は果物だけにしなさい。」というのを軸にした
ダイエット方法なのですが、論理展開が乱暴で、
極端で間違っている部分さえあるのです。

 アレンカー著ダイエットセラピー

例えば、ヨーグルトを含む乳製品や肉を全てジャンクフードと
この本では位置付けています。

 

それに関連した話として、
「そもそも人の体は肉や牛乳を消化できるようにはなっていない。」
と言ってみたり、「運動と痩せることとの関係はまったくない。」など。

 

著者はすでに2006年にお亡くなりになっているので
あまりひどいことを言いたくないのですが、
「ちょっとこれは、ないだろう。」と言いたくなる内容です。

 

また、「人間の体の70%は水分。だから水分をたくさん含む
果物を摂るのがよい。」と、果物を摂ることを強く推奨しています。

 

確かに果物を食べることは健康にはいいことですが、
例え話が、「ゾウやゴリラはあんなに大きい体なのに肉は食べない。
果物を食べる・・・」と言った具合いです。

 

「人間の体は肉や牛乳を消化できるようにはなっていない」というのも、
それなら肉や乳製品をいくら食べても太ることなんて
ないだろうって思ってしまいます。

 

この本を読んだ人なら良くわかると思いますが、
間違っていると思いませんか?

 

終始こんな感じの内容なのです。

 

そして最初は「大好物を好きなだけ食べて・・・」と言っていましたが、
結局最後は、朝食は果物だけ、飲み物は水、肉や乳製品はたべるな
とまでは言わないが実質的にはその量を制限する内容です。

 

いい評価は出せないです。
楽天のレビューにもコメントが数々投稿されていますが、
★1つの評価がけっこう多いです。

 

読んだ人の大多数は、やはり同じようなことを感じているようですね。

 

ダイエット方法って、本当に世の中色々あります。

 

自分に合うものを合わないものを見分ける以前に、この本のような、
最初と最後で言っていることが違うようなものには
当たらないようにしなくてはいけませんね。

 

注意しましょう。

 

最後に、この記事は、アレン・カーのダイエットセラピーという本を
最後まで読んだ上での感想です。

 

書いている内容は、私の正しい評価ですが、アレン・カー氏本人や
その著書を誹謗中傷する目的ではないことをご理解ください。

ダイエットにおすすめ?ある本の著者が奨める簡単朝食レシピとは

ダイエットに関するある本を今読んでいます。
あるダイエット方法を紹介している本で、十数年前の古いものです。
私の妻の書棚にあったのを見つけ、借りました。

 

「好きなものを、好きなだけ食べていい」というふれ込みが
目に入って、「え?」と思ったからです。

 

ダイエットセラピーというタイトルのその本には、

 

「好きなものを食べればいい、目標体重も決めるな。
母なる自然のマニュアル(法則)に従うだけ・・・。」

 

と書かれているのです。

 

f:id:factor7j:20170406085826j:plain

本当にそんなことで痩せられるのか??
興味深くなって読んでみたはいいのですが・・・。

 

中身はというと・・・、
人間の体を自動車のガソリンタンクにたとえてみたり、
野生の動物が太り過ぎない理由のおはなしをしつこく説明したり・・・。

 

いっちゃ悪いが!非常に説教じみた内容の本になっています。
オレは痩せたいんだ!野生の動物の食生活なんてどうでもいいから!
と言いたくなります。

 

妻も、捨てるのを忘れていたのだと思います。

 

でも、せっかく読み始めたのだから、何か少しだけでもヒントに
なることを得られれば、と思い読んでいたら、たった一つだけ
ダイエットに有効そうな朝食レシピの紹介が簡単にされていました。

 

それは、「コーンフレークの100%果汁オレンジジュースがけ」・・・。

 

微妙ですよね。でも、よければやってみてください。
この本の著者は朝食にしているようですよ。案外合うかもしれません。

 

私はやりません。

それは単に、私の口には少なくとも合わなさそうだからです。

 

コーンフレークには普通、例えば牛乳をかけますよね。

 

でも、著者はこの本で、ヨーグルトを含む乳製品や牛乳を
バッサリ否定して「ジャンクフード」つまり「いらない食品」の
ひとつとしてあげているのです。

 

炭水化物の加工食品であるコーンフレークはOKで
牛乳やヨーグルトはNGというのはあまりに極端に感じますよね。

 

結局著者は、肉類や牛乳の摂取は極力控えてフルーツを食べろと
奨めています。

 

はじめは「好きなものを食べればいい」というふれこみだったのに・・・。

 

これほど支離滅裂な内容の本もあるのだな、
というのが今のところの感想です・・・。


でも、今現在まだ、この本を半分くらいまで読んだところです。

ひょっとしたら後半には役に立つ重要なダイエット方法が
載っているかもしれません。

 

まずは終わりまで読んでみて、
思ったことがあればまた投稿したいなと思います。